★家を購入前ならハザードマップで確認を◆現状把握にも活用必至

手話ができる不動産屋

【ていねい生活】エリ商会です。

地元情報は不動産ママにお任せ!


★家を購入前ならハザードマップで確認を

 購入済みなら避難手段・現状確認を


●最近はこのハザードマップは契約前の


重要事項に貼付される事がほとんどです。


ただ最近は行政ではなく


民間も色んな防災パンフを出しています。



●西日本一帯に被害が広がると


言われる南海トラフ地震。


それ以上に長岡京市に大きな被害を及ぼすと


予想されているのが「有馬高槻断層地震」。


6月の地震はこれだったようです。


家の購入前に確認したいハザードマップ。


これは自然災害の被害予測を


都道府県や市町村で地図にまとめたもの。


平成22年の内閣府調べでは


防災情報の確認をしたとの回答は30%強。


数年前ですがまだまだ少ない印象。


ハザードマップは居住地は基本全戸配布。


もし購入の希望地が現在の居住地と違えば


行政窓口で在庫あれば頂けるし


また、国交省のHPからも簡単に


閲覧することができます。


震度被害.地盤被害.液状化.建物被害.


火災被害.避難被害など確認する事ができます。


他にもタウンページに同封されている


「防災タウンページ」や


日本損害保険協会が出している


「ハザードマップと一緒に読む本」


などがあります。


家を購入前なら参考にし、


既に居住しているなら現状把握や


避難手段の確認に是非活用したいです。



*これらのパンフには


防災グッズなどの記載もあります。


*また、被災して家の中が荒れていても


直ぐに片付けず取りあえず


写真だけは撮っておきましょう。


罹災証明に必要です。

765.png

/////////////////////////////



お問合せ

пF075-955-9068

エリ商会 増山エリ子まで



くるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる

ニコニコポチッ 【ていねい生活】エリ商会

  代表:増山エリ子

424.jpg

298.jpg


京都府長岡京市長岡1-14-7 セブン通り

宅地建物取引業 京都府知事免F 9376号

不動産の売買.賃貸.貸倉庫.駐車場の仲介業

コメント

この記事へコメントする

ニックネーム
メールアドレス
URL
コメント