新着の記事

新着のコメント

    新着コメントはありません

新着のトラックバック

    新着トラックバックはありません

和モダン庭園

京都 長岡京市 庭師
梅鉢園(うめばちえん)梅野です。(庭・植木・ガーデニング)

寒い中でも暖かい日が続くと春の兆しを感じます。
前回に続き、現代社会に溶け込む実験庭園「無の庭」を紹介いたします。
「無の庭」とはパラダイムシフトが起こる現代ではどんどんスクラップビルドが
行われ、古き良き物がなくなっていきます。
そこでメンテナンスの掛かるものは無いが
大切な物は残すといういわば現代社会に適合できる実験庭園です。


ファサードです。当社オリジナル竹垣はプライバシーは守るが気配は感じられる空間構成になっています。

ビフォーのファサードです。

現代人は日中庭を楽しむ余裕はないので、夜に帰宅した際楽しめるように照明計画しています

陰影が生まれると京都庭師の伝統工法の延段が浮かび上がります。

ここ長岡京は竹が名産でありながら昨今の社会事情の変化により放置竹林が増えるなど
問題化しています。これは伝統を現代のライフスタイルに取り入れた和モダンスタイルです。

単に美的な物だけではなく、地域の防犯の役割も担っています。


庭園空間でありながらメンテナンスもかからない。歴史や風土を取り入れここでしか味わえない価値を提供しています。

・・・庭園・お庭のことなら・・・

庭造り 株式会社 梅鉢園(うめばちえん)
京都府長岡京市天神4丁目13番6号
075-955-2281
http://umebachien.jp

地域の魅力を発信 竹垣編

京都 長岡京市 庭師 梅鉢園(うめばちえん)梅野です(庭・植木・ガーデニング) 前回、ご紹介した弊社オリジナル竹垣 梅鉢垣(うめばちがき)が遂に完成しました。 当社が拠点を置く京都長岡京市は孟宗竹発祥の地として 古くから竹が名産です。 しかし昨今、少子高齢化や後継者不足により放置竹林などが増え 伝統産業の衰えが顕著になってきています。 そこで、現代社会でも適応できる物を考えたのが、オリジナル竹垣です。
今日は最終工程の屋根部分を板金屋さんが取り付けにきてくれました。 色んな職人さんが今回参加してくれ、本当にプロの仕事は凄いなと 同じ職人から見ても純粋に思えました。
屋根の加工をしていきます。少しの微調整をしながらしていくのを 見るのは勉強にもなります。
色々話しを聞くと、日本の気候にはやっぱり瓦形状の方が通気性があって 良いと思うとか、将来の担い手をどうするかなど切実な話まででき コト体験?まで十分味わえました。
夜には照明が点灯されました。陰影が美観を引き立てるのは言うまでもなく 地域の方からは防犯面にも役立つねと意外なお言葉もあったり 気配は感じるが、プライバシーは確保できる町家のような空間ができました。
竹は固く加工しにくそうなのに柔らかなフォルムを産み出し 可変的なデザインは着物や折り紙のような日本伝統文化を創造させてくれます。
今後はワークショップなども開催し、コンテンツとして育て、 庭園や町家、寺社仏閣などのランドマークで開催し人々が集まれ活用できるような 場所を供給できるようにしていきたいと思っています。 ・・・庭園・お庭のことなら・・・ 庭造り 株式会社 梅鉢園(うめばちえん) 京都府長岡京市天神4丁目13番6号 075-955-2281 http://umebachien.jp

長岡京は竹のまち

京都 長岡京 庭師
梅鉢園(うめばちえん)梅野です。(庭・植木・ガーデニング)

私どもが拠点を構える京都長岡京は竹の名産地でもあります。
しかし、昨今の社会状況の変化で少子高齢化、後継者不足がおこり、
竹林も放置竹林が増えたり化石燃料を使った商品により衰退が起こっています。
そこで、日常でも使える竹製品の開発が必要だと思い、竹のオリジナル垣根を制作しました。

当社事務所ファサードです。バス通りですので人通りも多いです。
安全を確保しプライベートは守るが、気配は感じられるような境界を設計しました。

竹作家「JIN&POKO」にユニットパネル形状の世界に一つだけの作品をつくってもらいました。

取り付けはヒノキ材を使用し、大工の兄が取り付けていきます。

自然素材ですので、微調整が必要になってきます。

取付枠もプロの技です!!

伝統の技と現代の技術が融合していきます。

カンナで調整していきます。

取り付けの際も通りがかりや近所の方々が興味深く見られていました。

長岡京は孟宗竹発祥の地、かぐや姫伝説の地としてしられています。
しかし現代社会に適合した商品が少ないのも確かです。
その土地の声を聴き、現代社会に適合したものを供給していくのが
我々、庭師の仕事でもあります。

完成に近づいてきました。あとは屋根をかけて、照明を取り付ければ完成です。
当社オリジナル梅鉢垣(うめばちがき)と名称しておきます。
次回は完成写真をアップいたします。

庭造り
梅鉢園 うめばちえん
京都 長岡京市
http://umebachien.jp

Bamboo in Nagaokakyo city, Kyoto is wonderful.