新着の記事

新着のコメント

    新着コメントはありません

新着のトラックバック

    新着トラックバックはありません

京都 庭師の教える芝生の張り方

京都長岡京市 庭師
梅鉢園(うめばちえん)の梅野です。
(庭・植木・ガーデニング)

春になり、桜の新芽もだいぶ膨らんできました。
3月は種類にもよりますが植物を植えるには最適な時期です。
また、人間の視覚において、空よりも地面に目線がいきますので
地被類(グランドカバー)を植えるだけで、庭の印象がガラっと変わります!!
苔や砂利や地被植物など色んな種類がありますが、その中で芝生の張り方を紹介します。
一般の方でも簡単に張ることができます。

213.jpg
@まずは地面を平らにならします。凸凹のままだと
芝生を張っても目立ってしまいますし、水がたまると
芝生が病気になったり、枯れたりしてしまいます。

214.jpg
芝生も色んな種類がありますが、触っても痛くなく
値段も手ごろな高麗芝などがおススメです。
成長の遅い品種もありますが、値段が倍ほど違いますので
使い分けるといいかと思います。

215.jpg
芝生を並べていきますが、建物などと平行にして
必ずレンガ積み、交互にして並べます。そうする事で
ズレたりせず、活着してくれます。
予算があれば目地はあけず、密着させます。
予算がなければ市松状や目地を開けても可能です。

216.jpg
並べてから、平たいものやコテで叩いて活着させます。
斜面や風の強い場所などは目串(竹を割った物)を
使用した方がいでしょう。
目串はゆくゆく自然に帰りますのでご安心を

217.jpg
芝生を張り終えたら、砂で目土を行います。
これは、目地の間など隙間があると成長しないのと
多少の凹凸をカバーするために行います。

218.jpg
砂を薄く撒いたら、ほうきなどでならしていきます。
最後に水をかるく撒いておくと良いでしょう。
芝生も夏場や冬場ですと活着しなかったりしますので
春か秋くらいがおススメです。
芝生により雑草の発生もおさえられます。

・・・庭園・お庭のことなら・・・

庭造り 

(株)梅鉢園(うめばちえん)

京都府長岡京市

075-955-2281

http://umebachien.jp