新着の記事

新着のコメント

    新着コメントはありません

新着のトラックバック

    新着トラックバックはありません

現代に必要な庭とは?地域・世代間交流

京都 長岡京市 庭師
梅鉢園(うめばちえん)梅野です。(庭・植木・ガーデニング)

昨今の社会状況の変化により古き良き物の存続が危ぶまれています。
また上手く保存できても活用のマネジメントに苦戦する現場に直面してきました。
少子高齢化、孤独死、買い物難民、観光公害などのコミュニケーションの必要性もよく耳にします。しかし行政や学校企業に頼るばかりでなく、市民レベルでの活用方法を実践して
縁側空間のように地域、世代間、多文化交流をしていく活動が必要と考え
当社がチャレンジしているプロジェクトです。
今回は世代間・地域間交流です。

当社「無の庭」で地域の子どもたちと竹を使った民族楽器作りです。

近所の人たちも興味津々です。プライベートは確保できるが気配は感じられる曖昧な中間領域が地域コミュニケーションの場所を創造します。

長岡名産の竹ですが、現代の人は触る機会も少なく新鮮です。

ユーチューブなどのバーチャル体験はたくさんできますが、現代の子供はリアル体験自体が貴重なものとなっています。

縦と横の関係だけでなく近所のおっちゃん、お姉ちゃんといった斜めの人間関係も形成できます。箱ものだけでなくコミュニティが生まれていきます。

笛が完成してきました。

音楽は世代や国境を超えるのか会場皆が笑顔に包まれました!!

ガレージではあるが無機質なものでなく京都の伝統工法は使っているがメンテナンスに困らない。大切な物は残すが不要な物は無くす。何もないという事は可能性が無限大にある
「無の庭」の可能性を感じれました。
次回4月20日は多文化交流の場として「現代に必要な庭」をテーマにワークショップしたいと思います。


・・・庭園・お庭のことなら・・・
庭造り 梅鉢園(うめばちえん)
京都府長岡京市天神4丁目13−6
075-955-2281
http://umebachien.jp