新着のコメント

    新着コメントはありません

新着のトラックバック

    新着トラックバックはありません

ブログ内検索


脱・賃貸住宅傾向 すすむ

脱・賃貸住宅傾向 すすむ  

コロナの影響は賃貸住宅に影響を

およぼしています。

コロナ禍が続いており、在宅勤務が定着

し、テレワ−クが進みました。

そのためすぐ住める郊外の広い新築物件

や中古物件、新築の価格より安い中古

マンションを購入する人が増え、ファミリ−

タイプの賃貸物件に入居する人が減って

来ています。

(都心部のテナントも空きが増えています)

コロナ禍でなくても日本は少子高齢化にて

人口減少に伴い空き家が増加しており、反対

に新築物件や新築マンションは増えています。

コロナが収まったとしても、在宅勤務が

続けば、古い物件で立地の悪い賃貸物件は

空室率、改装維持費、税金等勘案すれば

将来的には運営が厳しくなっていくかと

思われます。

長岡京市においてもファミリ−タイプの

賃貸物件はコロナの影響がかなり出ています。



有限会社 慈童

担当 井上

☎  070-2321-5009