新着のコメント

    新着コメントはありません

新着のトラックバック

    新着トラックバックはありません

ブログ内検索


仲良し遺伝子

仲良し遺伝子 

  

野生動物と家畜やペットでは人の

怖がり方が違います。

なぜ家畜やペットは人に慣れ、野生

動物は人に慣れていないのか。

このほど東北大学とスウェ−デンの大学

の研究によると 脳の感情をつかさどる

偏桃体に恐怖を抑制する脳内ホルモン

ド−パミングが多くあるかないか

によって、人を怖がるか怖がらないか

が違ってくることを突き止めたそうです。

家畜やペットが人間を恐れないのは

長い間人間と接することによって

脳内ホルモンによって人間に対し

恐怖を持たない遺伝子を持つよう

変化したためなのだそうです。

だから家畜やペットは生まれながらに

して人を恐れない。

人間も生まれながらに人懐っこい人や

すぐに仲良くなれる人は脳内ホルモン

が脳内の部位に恐怖を抑える遺伝子を

もっている人なのでしょう。

悲しいかな、生まれながらの性格は

遺伝子が大きく作用しているのでは

ないかと思われます。

(事後、努力により性格を変えること

は可能です。)






春が近づいていますね。



有限会社 慈童

担当 井上

☎  070-2321-5009