新着の記事

新着のコメント

    新着コメントはありません

新着のトラックバック

    新着トラックバックはありません

ブログ内検索


遺伝子の不思議

遺伝子の不思議

大食いであまり運動しなくても太らない

人がたまにいます。

このほどカナダのブリティッシュコロンビア

大学の研究チ−ムが大食いでも太らない人は

「ALK」という遺伝子が変異していることを

見つけたそうです。

「ALK」という遺伝子が働かない場合、肥満に

ならないらしい。

(研究がすすめば遺伝子治療によって肥満の病気

の人をスリムにできるようにまりますね)

世の中にはいろいろな人がいます。

テレビで紹介していましたが

土だけ食べて生きている人がいるそうです。

(ほんとうかどうかわかりませんが)

これもまた土を栄養に変える遺伝子を持って

いる人なんだなぁとテレビを見ながら

思いました。

遺伝子には長生き遺伝子や怖がり遺伝子も

存在するそうです。

進化の過程も遺伝子が変異し進化してきました。

遺伝子の変異はどういった時におこるのか。

変異の瞬間は1個体から変異するのか。

長い時間をかけてちょっとずつ変異していくのか。

考えるだけで不思議です。








有限会社 慈童

担当 井上

☎  070-2321-5009