新着のコメント

    新着コメントはありません

新着のトラックバック

    新着トラックバックはありません

見た目で判断!?

こんにちは。

今日もブログをご覧いただきまして

ありがとうございます。

カラダを根本的に良くする専門家

まえだ整骨院 院長の前田和清です。



今日はクイズです!

次の画像を比較してお答えください。



写真Aと写真B

どちらも両手を合わせています。

どこが違うでしょうか?

10秒でどうぞ(笑)



・・・・・






OKでしょうか?


正解は↓




「写真Bの小指の先が少ししか写っていない」



と思った方。


ある意味正解です!



が、




じつは肝心なコトがあります。



本当の正解、行きます↓



写真Aは

ただ両手を合わせている。



写真Bは

右手は開こうとする力が入り

左手は右手を閉じようとする

力が入っています。



正解しましたか?

見抜いたあなたはすごいです!🎉



写真Aも写真Bも

見た目は同じですが

(どちらかの方がシワがちょっと多いとかなしです(笑))




体の中で起きていることは全く別もの。




姿勢の崩れなどにより

体のなかで


前後

左右

上下

ななめ

くるくるらせん

など、


カラダを支える無駄な力が

複雑にからみあっています。


無意識に。



理想はこういったいろんな力が

入っていない事です。


いろんな力が入っているということは、

筋肉や

関節を

収縮させながら


固める方向に力が働きながら


動いています。



非効率的であり

体への負担が

蓄積されていきます。


スポーツ選手がこのままだと


残念ながら一生懸命に練習しても


上手く、強くなれません。



その先の映像が頭にうかびます。



こういった状態が普通だという

無意識での認識が存在しているため

自分自身でもきづきません。


周りにもわかりません。




施術の中で、

無駄な力のかかりかたの環境を変えることが

大切だと

患者さんをみて思う毎日です。



「本質は〜 見えない 観れたら 新自分〜♪」🌸


こんな句 つくってみました(笑)



ちょっと偉そうかもしれませんが

お許しくださいね^^;


今日は

「見えなけれど大事なこと」 その1でした。

その2も近々書こうかなと思います。

このシリーズはその2でとどめておきます。


最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ではまた。


院長   前田 和清

まえだ整骨院
予約制 075–951-8616

https://maeda-seikotsuin.com

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30

【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝


3年以上つらいあなたが良くなるポイント


3年以上

頭痛、肩こりがひどい・・・

腰が痛い・・・

膝が歩くとズキンと痛い・・・

シビれてつらい 方、


8院以上通っても

なかなか良くならないあなたへ。


今までと違った観点で

チャレンジしてみませんか?



なかなか良くならない理由は

あなたのカラダの中に答えがあります。



決して今までの院さんや

あなたのせいではありません。



痛い部分の整形外科的検査はもとより、

全身のバランス検査と

あなたのお身体に触れる事により

今まで見向きもされてこなかった原因を

見つけ出し、

あなたにお伝えします。



おそらく今まで

考えた事も

聞いたこともない

概念でしょう。





レントゲンにも

MRIにも

血液検査にも


あらわれませんので


スルーされています。



98%以上の方が

一生気付かない事でしょう。




そんな隠れた原因を

お伝えして感じて頂く事ができます。






カラダにとって大切な事は


今も未来も

縄文時代も皆共つう〜。



春は出会いと別れの季節


「新しいカラダ」に

「後悔しないカラダ」に

着替えませんか?





その先にしかない出会いがきっとある




カラダが変われば

気も心も

「ながれ」もかわる。







体の中のデザインを変える。




体験談
「こんなにカラダって楽になるとは知らなかった!」

「なんか全体にモヤがかかっているのが取れたような感じ!」

「朝からスイスイ動いている自分に、
こんな事があるのかとビックリしました!」


「旅行に行こうという気持ちになっています」

「お薬を減らしましょうと病院で言われました!」





当院の患者さんが証拠です。



まえだ整骨院

予約制 075–951-8616

https://maeda-seikotsuin.com

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30

【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝


足がつる〜方 必見


こんにちは。
今日もブログをご覧いただいきまして
ありがとうございます。

身体が良くなる力を 

ぐっ! と引き出す専門家


まえだ整骨院 院長の前田和清です。


今日は



「足がつる」事について


お話をさせていただきます。



今ご覧のあなたは

よく足がつりますか?



お身体を

一緒にチェックしてみましょう。♪



まず普通に立ってみてください。

裸足でも靴をはいたままでも大丈夫です👌


体重が足裏のどこにかかっているか

感じてみてください。




Don’t think feel ~~~





どの辺に体重がかかっていますか?




ほとんどの方がつま先に


体重がかかっていると思います。





実はこの体重のかかり方、



『カラダの取り扱い説明書

(私がつけた名前(笑))』


とは真逆の事が

無意識に起きています。






これは足がつる原因の1つ💡




つま先に体重がかかると

カラダの構造上

ふくらはぎに力が入ります。




毎日毎日、必要以上に

ふくらはぎに力を入れている状態です。




ふくらはぎの筋肉はだんだんと固くなり、

血流も悪くなります。




血流が悪くなると

更に筋肉が硬くなる


悪循環に陥ります。





夜お休みの時は


筋肉の活動も少なくなり、


ふくらはぎの筋肉も

硬くなる傾向にあります。




硬くなったふくらはぎに


足首を下に向ける動き(底屈)が入り、


余計に筋肉が収縮し、

「つった!(;o;)」

という状態になります。





「筋肉の細胞は

堪忍袋の緒が切れているのです。(笑)」




よく


「足がつるのが癖になる」


と耳にしますが、


癖になるのではなく




「無意識に自分で原因をつくってしまっている」


のです。




ではどこに体重をかければ良いのか?




これは一言で表せますが


とても重要で


いろんな事につながる


奥の深い事です。





体重はカカトに乗せましょう。



「カカト=踵」




昔の人は漢字で教えてくれています。


踵は「足」に「体重」をかける部分です。





太ももの骨 → スネの骨 → 踵 


と体重が伝わり、


踵から足裏全体へ伝わる 


力の流れ


を感じてみてください。😊




すぐにできなくても大丈夫ですよ。



あなたの3年先、10年先の健康のために。




ちなみに写真はきのう、

家の近くで見つけた

つくし

です😊



最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

ではまた。




院長   前田 和清

まえだ整骨院

予約制 075–951-8616

https://maeda-seikotsuin.com


〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30

【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝