新着のコメント

    新着コメントはありません

新着のトラックバック

    新着トラックバックはありません

アキレス腱の痛み 歩くと痛い



おはようございます。
今日もブログをご覧いただきましてありがとうございます。
スポーツ障害 競技能力向上の専門家
まえだ整骨院 院長の前田和清です。

今日は
「少し歩くとアキレス腱が痛い」

という事についてお話をさせていただきます。


「湿布を貼っても脚をもんでも
色々試してもなかなか良くならない😢」


という方に
力説します。


大切なのは


「なぜアキレス腱が痛くなっているのか?」

という原因を把握することが重要です。



アキレス腱の痛みは結果であり、1つの現象です。
原因が必ずあります。

原因とは

「歩きすぎ」

とか

「運動不足」

とか

「運動のやりすぎ」

などといった


「心当たり」


ではありません。


「アキレス腱に痛みを出す
身体全体における動きのメカニズム」

を把握する事が大切です。


まえだ整骨院では施術前に毎回、
全身のバランス検査を行います。

全身のバランスの状態から
動きの個性がわかります。(動作分析)


実際に
歩き方や走り方を見なくても
あなたの動きの個性がわかります。


これはあなた自身も
周りから見てもわからない内容です。



原因の一例は

@痛い方の足が地面を蹴ろうとしているのかもしれません。

A歩く時に反対の足にしっかり体重が乗せられず、
 痛い方の足に0.数秒 体重がかっている積み重ねが
 原因かもしれません。

B首に力み(無駄な力)があるために
 歩く時に全身が不安定になり、
 痛い方の足首に力みが入り(無駄な力)
 バランスをとっているのかもわかりません。

実はこれら3つの原因も結果的なもの。
地面を蹴らなければいけない理由や
反対の足に体重が乗せられない理由や
首に力みが入ってしまう理由があります。

全て答えはあなたの体の中にあります。


痛みという現象の
先の先の先に
隠れた原因があります。


一言に
「アキレス腱が痛い」
といっても
その原因は

千差万別。

同じ人が再度同じ痛みを出したとしても
原因が同じとは限りません。


原因が変われば
治療方針も
治療のさじ加減も変わります。


原因の
全体像を把握する事がとても大切です。



例えば
家の雨漏りも、

一生懸命に床の雨水を拭き取っても
水を弾く様に防水スプレーを吹き付けても

解決には至りません。

普通はこんな事しませんよね(笑)

原因である屋根の穴を改善させないと
雨漏りは治りません。



しかし世の中、身体に対して
雨漏りの床を拭くだけの様な事が

普通に
たくさんたくさん
行われているのです。


おかしいと思いませんか?


言われた事、
受けた事を
何でも鵜呑みにしてはいけません。


決して

「疑い深い」 
とか
「反骨精神」
ではありません。


みなさんも一緒によくよく考えましょう。



自分の身体は自分で考えて守る事が大切です。



あなたがもし、

「もうだめだ!😭」

となった時は、


心の中で
まえだ整骨院を思い出してください。


あなたの笑顔のために
あなたの健康のために

あなたの楽しい未来のために

私自身の向上のために

まえだ整骨院は毎日

真剣に修行しています。



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ではまた。


院長   前田 和清

まえだ整骨院
予約制 075–951-8616
https://maeda-seikotsuin.com

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)

PM.4:00~ 7:30

【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝



ストレッチの声



こんにちは。
今日もブログをご覧いただきましてありがとうございます。
スポーツ競技能力向上の専門家
まえだ整骨院 院長の前田和清です。

前回に続き、


「股関節のストレッチ」


についてお話をさせていただきます。

なかなか股関節が開かない😰と

お悩みの方必見!




今回の内容は、

私自身が19歳から21年間もの

長い年月を経て


ある日突然気づいた事をまず1つ

無料公開いたします🎁





「ストレッチの声を聞きましょう」


という内容です。


ではいきます、
よくよく読んでくださいね!




股関節を開脚する時、

ほとんどの方が

「股関節を広げよう、広げよう!」

と頑張っておられる事と思います。


その中の、

「反発する力」

に気づいてあげましょう。



これは単に

「硬いな、張っているな」

と感じる事とは違います。



「広がらないぞ!」


と主張している声に気づいてあげましょう。


その声に気づいたら、

その主張を押しつぶしたり、無視したりしないで



受け止めてあげましょう。


広がらないぞ!という声と仲良しになりましょう。


仲良しになって一緒に広げる感覚をつかむと


あなたのストレッチに対する概念は大きくかわります。




言い換えると、➕の中にも➖が必要という事です。

重力と引力があって

この世が存在してる事と同じですね。




ストレッチの声 = 筋肉の細胞の声


に耳を傾けてみてください。



この事を感じながら行う事が

明暗を分けます。



あなたも180度開脚して

胸が床につく様になりますよ!


40歳を超えてからの私ができたのですから。


きっとあなたも出来ます😀




まえだ整骨院では股関節を広げる事を

目的とした施術と


開脚するときの感覚を


感じていただいてお伝えすることも行なっています。




最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ではまた。


院長   前田 和清

まえだ整骨院
予約制 075–951-8616
https://maeda-seikotsuin.com

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30

【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝



股関節 なかなか脚が開かない


こんにちは。
今日もブログをご覧いただきましてありがとうございます。
スポーツ競技能力向上の専門家
まえだ整骨院 院長の前田和清です。

今日は股関節を題に

「カラダの不思議」

についてお話をさせていただきます。


単刀直入ですが
あなたは股関節の柔軟で
なかなか開脚ができないと困っていませんか?


運動選手はできれば
できるだけ股関節はより開いた方が良いですね。

ストレッチをしても
なかなか股関節が柔らかくならない・・・
股関節がなかなか開かない・・・

とお悩みの方は必見!


もちろん、
カラダの柔軟性は個人差があります。


が、

あなたの股関節がなかなか開かないのは
理由があります。

それは

「全身のバランス」にあります。

あなたが一生懸命に柔軟をして
股関節を緩めようとする思いと裏腹に


「股関節を縮めよう」

とする力が
カラダの中でこもっています。

つまり

「伸ばそう」
とする力と
「伸ばされないぞ」
という力がぶつかり合っています。


この

「伸ばされないぞ君」は

普段気づかない姿勢や
カラダのクセからくる全身の

「力み(りきみ)」です。


ストレッチをする前段階ですでに

「股関節の柔軟を邪魔するテンション」

がかかっています。


開脚ができるために大切な事は

「開脚を邪魔しているテンション」

を解除する事です。



股関節の開脚を邪魔するテンションを
解除しないと
なかなか股関節は開きません。
時間をかけてストレッチをしても
次の日にはほとんど元通り。
こんな経験があるはずです。

このテンションがこもったまま、
たとえ股関節が開いたとしても
単なる

「股関節が開く」

だけにとどまり
競技に生かす事ができません。



今回の写真は
左手を持って

手首→肘→肩→背中→腰→股関節

と緩めている治療写真です。


見た目は止まっています。
動画を撮っても写真とほぼ同じです(笑)


一般的には手首を持って
股関節が緩むなんて思いませんよね?

実はカラダにはこの様な事が
たくさんあるのです。

まえだ整骨院では
解剖学観点、整形外科的観点はもとより
カラダの中の内力をはじめ
数値や画像では現れないモノ・コトを
観て捉えた治療が特徴です。

91%以上の方にお喜びの声をいただいております。


あなたも未知のカラダに出会いませんか?
春は出会いの季節です!😄


最後までお読みいただいましてありがとうございました。
ではまた。


院長   前田 和清

まえだ整骨院
予約制 075–951-8616

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30

【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝


https://maeda-seikotsuin.com