新着のコメント

    新着コメントはありません

新着のトラックバック

    新着トラックバックはありません

MIHO MUSEUM「古陶の譜」(秋季特別展)

 京都から、1時間20分くらいで、信楽の里に「MIHO MUSEUM」があります。店に「古陶の譜]のポスター掲示の案内がきましたので、MUSEUMのご案内をします。

 わたしは、城陽市から高速に乗り、京田辺市で下り、国道307号を通り信楽町に。そして、勅使から入り、紫香宮国際ゴルフ場を過ぎ、途中柵をすり抜け、メープルヒルズのゴルフ場を左に折れ、県道12号に、右に10分ほど走行しましたら、MIHOMUSEUMの入口の案内看板が見えます。
 京都から第2名神の信楽ICで下り、MUSEUMへの案内に従っても行けます。初めての方はこのコースが良いと思います。
 
 MUSEUMの入口に町営(今は甲賀市営でしょうか)の食事処「田代高原の郷(さと)」があります。私はここでよく食事をします。またMUSEUMの中にもレストランがあります。どちらも美味しいですよ。

 入口から車で5分ばかり走るとMUSEUMのパーキングがあります(無料)。そこから4〜5分歩いて、電気自動車(無料)発着する、ターミナルがあります。
 電気自動車でMUSEUMまで乗ります。
 ターミナルにはMUSEUM関係のグッズとレストランがあります。またMUSEUMの中にも喫茶等があり、入館券は電気自動車のターミナルで購入します。

 MUSEUMまでは歩いて行けますが、電気自動車では5〜6分でしょうか。トンネルを通ると、MUSEUMの建物が見えます。
 春、秋は歩いて、ぶらぶらと行きます。いいですよ。

 外から見れば、建物がうまく自然に溶け込んでいるのですぐには素晴らしさがわかりませんが、建物の中に入ると、自然の景色がガラスを通して見え感動します。、館内も素晴らしい。
 これが、MUSEUM。

 今回の「古陶の譜」は、骨董・古美術が好きな方に是非ご覧いただきたいた思います。
 案内のパンフを見ますと、渥美、猿投、珠洲を含めた六古窯約170点が展観されるとのこと。 
 本で良く見る国宝の渥美の「灰釉秋草文壺」をはじめ「常滑の三筋壺」も展示されます。
 私も見に行きます。みなさんも是非。

入館料は大人一人1000円で開催期間は2010年9月4日から12月12日日曜日まで。休館日は月曜日、ただし9月20日、10月11日は開館。9月21日,10月12日は休館とのこと。
 詳細は、パソコンで検索を。

 
        MIHO MUSEUMから送られてきたチラシから



      MIHO MUSEUM入口(敷地に入る手前)
              市営の食堂 「田代高原の郷(さと)」



            電気自動車にのり、美術館へ
            向こうの屋根はMUSEUM



             MIHO MUSEUMの内部  


  雰囲気が伝わったでしょうか? 

   

   古民具やまもと「美濃四耳壺」平安時代。猿投かも         
   径16p、高さ17cm、詳細はお問い合わせを
                            



                           古民具やまもと記

古民具やまもとにリンクします。

京都テレビ「谷口な夜」で古民具やまもとが紹介されました

 8月21日夜11時30分放送の「谷口な夜」で店が紹介されました。
 8月12日くらいか、店でTBSに貸し出しをしていた江戸の測量器の小方儀(別名わんからしん)が返却され、その機器の状態を見ていたところに、カメラとディレクターの二人が見え、取材をさせてください。とのこと。
 ご自由にどうぞとカメラ目線で、商品の説明をしました。
 小方儀の状態を早く見たいの気持ちが先に立ち、放送日を聞くのを忘れました。

 22日夜、大学のクラブの後輩から(卒業して39年経ちました)電話があり、先輩見ました。京都テレビで、先輩が出ていたので、興奮したとのこと。
 残念ながら、わたしは見ていなかったので、うまく説明をしていたかを聞くのが必死。良かったのこと。安心しました。
 
 後輩の話を聞くと、谷口さんは有名な人で、同じ大学の卒業生とのこと。それで卒業生はよくその番組を見ているとのこと。
 
 だれか、ビデををお持ちの方。みせてくださいね。

 店では、江戸時代の機器を展示しています。小方儀、中方儀、遠眼鏡、北前船の羅針儀、道中日時計、顕微鏡、望遠鏡など、また江戸城の天文台の渾天儀の模型、当時の蒸気機関車の模型などがあります。
 ご来店の折、お声かけください。

 後日、機器の写真を掲載します。