新着のコメント

    新着コメントはありません

新着のトラックバック

    新着トラックバックはありません

向日神社「篝」(かがり)狂言今年も6月5日に案内地図とP


平成23年6月5日開催

             篝狂言会場への地図
徒歩の案内
 徒歩は、阪急西向日で下車。西側の改札口に出て、右側に行きます。最初の交差点を左に。地元での通称、五辻(いつつじ)と呼ばれています。酒屋ところを右に曲がり、3・4分位で、大きな鳥居に出ます。少し坂ですが、鳥居から5分位で本殿に出ます。本殿の後ろが会場です。
西向日から、徒歩12分から15分位でしょうか。
車で
 向日神社には、当日駐車は無理かもしれません。京都銀行の鳥居の横に有料駐車場ができました。1日600円と書いてありました。見たところ10台くらいしか駐車できません。
 近くの競輪場に無料で駐車できますが、広場であり本来の駐車場ではありません。自己責任で駐車ください。入口は物集女街道(もずめかいどう)から。

以下は平成22年の記事です。


5月16日(日)17時開場。19時開演。向日市の「向日神社」で茂山千之丞出演の第5回「篝」狂言が開催されます。
 向日神社の現本殿は、室町時代に建てられましたが、向日神社は長岡京時代以前からありました。
 その向日神社の歴史ある地で、狂言が演じられることは大変意義深いものです。
 是非、当日ご参加ください。
 主催:向日明神篝狂言実行委員会
 問い合わせは、向日神社075−921−0217まで




本殿の西側で上演

当日の準備中(多くのボランティアの方が準備を)

上演の間の休憩(上演中の写真は禁止されていますので、これで雰囲気を)

私も当日お手伝いに行きましたが、ボランティアさんの準備に対しては、敬服いたします。当日までの長い期間の準備をされてきて、当日を迎えることができました。
ボランティアさんの大きな力で準備が整い、凛とした向日神社の鎮守の森の中で、茂山千之丞さんをはじめ、演者の狂言はすばらしく感動しました。
第5回に観劇できなかった方は、是非第6回にお越しください。
来演されましたら、感動されます。

 (このブログの掲載内容は、事務局の許可をえています。)

※古民具やまもとでは、乙訓の文化・歴史などの情報を知っていただき、「向日市」、「長岡京市」、「大山崎町」の乙訓に来ていただくよう情報を提供しています。乙訓は楽しく、見るところがいっぱい。文化・歴史のなかでゆっくりと時間を過ごしてください。


                    (古民具やまもと店主山本榮二)
※残念ですが、平成24年以降は中止になりました。